大学、短大、専門学校、小中高の学校広報担当者のための目からウロコの入試広報研究メディア入試広報ラボ

167view

データ

82.2%の高校生がスマートフォンを所有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20140702_2
リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルート進学総研は、高校生のWEB利用状に関する調査を発表しました。
スマートフォンの所有率が8割以上、スマートフォンを用いた勉強「スマ勉」をしている高校生が6割など、多くの高校生がスマートフォンを所有し、勉強や情報収集に活用している実態が明らかになっています。

  • スマートフォン所有率は82.2%、3年間で5.5倍に。
  • 高校生の約6割がスマートフォンで勉強=「スマ勉」を実施。
  • 92.6%の高校生がアプリを利用しており、前回調査(2013年)の2.6倍に増加。
  • スマートフォンを1日4時間以上利用している高校生は7人に1人。2011年調査から増加しています。
調査概要

調査名:高校生のWEB利用状況の実態把握調査
調査目的:スマートフォンなどの新デバイスの利用状況や、SNSに代表される新しいWEBサービスの利用状況を把握する
調査期間:2014年4月4日(金)~4月8日(火)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の高校生
集計対象数:1,438人

参考サイトを見る
京都のホームページ制作会社 株式会社クロスウィッシュ

入試広報ラボ 週間ベスト5