大学、短大、専門学校、小中高の学校広報担当者のための目からウロコの入試広報研究メディア入試広報ラボ

3,298view

イベント・施策

700校の高校が導入しているオンライン予備校の「受験サプリ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験サプリ

リクルートサービスの受験サプリが、高校での導入実績を広げています。自発的な勉強を促す未来型の学習方法で、学校によって様々な活用がされています。塾へ足を運ばなくても、予備校講師の授業が、パソコンやスマホで受けられるというサービスです。今、導入している学校はどのような活用をしているのでしょうか。

受験サプリとは?

受験サプリは、オンライン予備校という名前がとても分かりやすいと思いますが、大学受験を目指す受験生のためのサービスです。個人で利用するのであれば、月額980円で動画による授業コンテンツが視聴できます。高校での一括導入も推進していて、2015年度で700校の導入実績があるようです。

利用人数に応じた高校導入特別価格があるので、一括で導入する学校が増えています。現状で会員数は30万人、8割を高3生が占め、その数は受験生の2人に1人という割合です。

  • 通年講座
  • 通年講座詳細
  • 志望校対策講座
  • センター対策講座
  • AO・推薦対策講座
  • TOEIC®Test対策講座
  • 中学復習講座
  • 未来の教育講座

主な講座は、このようなラインナップ。最近注目されているアクティブラーニングも取り入れています。課題、放課後学習、予習復習、学校授業での教材など使い方は学校によって様々です。時間を上手に使うことで、部活との両立といった効率的な勉強を促進しています。

特色ある学校づくりを目指す埼玉・市立大宮西高校

大宮西高校はグローバル化先進校として、グローバルに必要なICTの活用に積極的に取り組んでいます。IT関連に強かった大宮西高校は、2013年より受験サプリを導入。高校2年生、3年生を対象に受講者を募ったところ、半数以上の生徒が利用するようになったそうです。

その数は、今まで外部講師を招いて行っていたセミナーの5倍以上となる350人です。今は、グローバル・スタディ・ルームとして10台のパソコンを設置し、受験サプリだけでなく面接やプレゼンの練習も行われています。

市立大宮西高校

九州初の法人導入となった明光学園中学校・高校

明光学園は、2014年から受験サプリを導入。当時、九州では法人初の導入だったことから、他の高校との差別化になると考えていました。メディアからの取材もあり、多くの反応があったそうです。職員室には、学習プロムナードと呼ばれる質問ブースを設け、学生の疑問点に応えるなど学習強化を図っています。

明光学園は、2、3年生の希望者には一部自己負担の300円で利用できるという形をとっています。視聴時間が50時間を超えると、報奨金がフィリピンへ寄付として送られるユニークな取り組みを行っています。勉強した頑張りが、誰かのために役立つという意識を与えるためだそうです。

埼玉

まとめ

ICT環境を整備して、アクティブラーニングとして検討する学校が増えてきています。変化する時代の流れに適応して、学習スタイルを変えていくことは、学校のPRにもなります。特に、まだ高校ではその実績が多いとは言えません。自分から学ぶ力を育むというのも、学校の役割として果たしていかなければいけません。

京都のホームページ制作会社 株式会社クロスウィッシュ

入試広報ラボ 週間ベスト5