大学、短大、専門学校、小中高の学校広報担当者のための目からウロコの入試広報研究メディア入試広報ラボ

3,448view

イベント・施策

学校広報をスキルアップさせるためのセミナー4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

研修

奥が深い学校広報の仕事ですが、普段どのようにスキルアップを図っていますか?おそらく学校独自の方法で広報を行っているケースが多いのではないでしょうか。学校広報は他の業界に比べて、なかなか横の繋がりもつくりにくいですよね。

そこで、学外で学べる広報スキルアップのためのセミナーを厳選しました。同じ仕事をする人とのコミュニケーションも大切です。情報交換をしながら、学校のPR向上を図ってみませんか。

①学校人広報塾

学校人広報塾

学校人広報塾は株式会社教育企画センターが主催するスキルアップセミナーです。大学・短大・専門学校・私立中学、高校・社会人スクールなどを対象に、学生募集を目標に様々な分野の講座を受けられます。

受けられる講座は全部で9つ。1講座あたり10,000円(税別)で受講でき、全講座を受けると10%OFF、つまり81,000円(税別)に割引されます。同じく教育現場の広報で実績を上げてきた講師による講座です。Webサイトから申込みでき、出張研修にも対応しています。

  • マーケティング戦略
  • プランニング戦略
  • ブランド戦略
  • ツール戦略
  • オープンキャンパス戦略
  • 高校訪問戦略
  • Web戦略
  • SEO戦略
  • モバイル戦略

 

②私学マネジメント協会

私学マネジメント協会

私学マネジメント協会が行う講演会、研修です。生徒募集・入試広報、教務・進路指導、組織・人事・コミュニケーションの3分野から選択して受講できます。それぞれの講座は札幌、東京、大阪、福岡などの都市で開催され、開催日が限られているので事前にチェックしておきましょう。

入会金:5万円(税別)
年会費:18万円(税別)

会員校となると、他にも定例セミナーや会員校同士の勉強会、マネジメント相談が利用できます。Webもしくは電話にて申込みすることができます。

 

③宣伝会議の広報担当者養成講座

宣伝会議

学校の広報限定ではありませんが、宣伝会議が行う広報講座です。全部で10講座あり、料金は92,500円、毎週2時間の講義を行っています。東京、名古屋、大阪、福岡の各教室で開かれます。

宣伝会議が行う講座だけあって、内容も充実しています。メディア対応やWebの活用、危機管理広報など一般企業の広報担当者と受けられるので貴重な情報交換ができるかもしれません。

  • 広報の仕事内容と担当者に求められる資質
  • 報道対応1≪メディアへのアプローチ手法を知る≫
  • [BtoCクラス]ニュース素材の発掘方法、ニュースリリース作成(課題発表)[BtoBクラス]コーポレートブランドを高める広報戦略1(課題発表)
  • 報道対応2≪仕事相手(メディア)を知る≫
  • 事例企業講演1
  • 事例企業講演2
  • [BtoCクラス]リリース評価とメディアコンタクト(課題講評)[BtoBクラス]コーポレートブランドを高める広報戦略2(課題講評)
  • 事例企業講演3
  • ウェブ広報
  • 危機管理広報(リスク・コミュニケーション)(課題講評)

 

④学生募集の羅針盤

学生募集の羅針盤

学生募集の羅針盤では、広報戦略や学校改革の研修などが受けられます。

  • カフェ研修
  • Webサイトチェック
  • イベントチェック
  • コンサルプラン

カフェ研修は喫茶店で行う少人数制の研修です。

実施場所・・・JR国分寺駅(東京都)近辺の喫茶店
受付可能曜日・・・基本的に365日実施可能です
受付期間・・・研修希望日の7日前より前日午前中まで

研修内容は高校訪問研修、学生募集自由相談、Web相談。それぞれ30,000円(税別)の研修費で受けられます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。学校広報をスキルアップさせるためのセミナー4選をご紹介しました。学外へ出て勉強しながら情報交換をするのも、スキルアップだけでなく息抜きになって良いのではないでしょうか。


※セミナーの内容や料金は変更になる場合がございます。詳しくは各ホームページページにてご確認ください。

 

京都のホームページ制作会社 株式会社クロスウィッシュ

入試広報ラボ 週間ベスト5