大学、短大、専門学校、小中高の学校広報担当者のための目からウロコの入試広報研究メディア入試広報ラボ

953view

イベント・施策

がんばれ地方大学! 第3の使命で「強み」をアピール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Imabari
近年、大学は教育と研究に続く、第3の使命として「地域貢献」が求められています。

10年ほど前から、文部科学省は「大学の地域貢献の重要性」を強調しています。これは「地方大学の時代」を予感させるものではないでしょうか。地方大学の強みは、地域との強いつながりです。どうやら地方大学の「強み」をアピールする機会が来たようです。

「共感」と「つながり」の時代へ

ビジネスは「効率と情報」の時代が終焉し、「共感とつながり」の時代へ本格シフトしている、と言われます。一度に大量の知識を、大勢の人に、一方通行で伝えるやり方は、すでに壊れてしまっています。

リストを購入し、大量のメールを出しても思うような成果がでなくなっています。人々はこういったやり方に嫌気が差しているのかもしれません。

大学の広報にもいえるのではないでしょうか。共感とつながりシフトする時期がはじまっているように思います。地方であることを活かして、地域と「共感」し「つながる」ことで新しい成果が生まれるのかも知れません。

地域の人たちに認められ、愛され、支持される

欧米では、大学の社会貢献は1980年代からはじまっています。ここ10年、日本の大学でも、アウトリーチ(地域社会への奉仕活動)やサービスラーニング(社会活動を通した学習)といった、地域との連携を重視するプログラムが実施されています。

こういった活動は、地域の人たちや企業から、どう迎えられているでしょうか。「地域の人たちに認められ、愛され、支持されることが大きなポイントでしょうね」と言った人がいます。「次世代のため、物の豊かさより、心の豊かさを大切にする社会創りに貢献する」という理念を掲げ、地方組織をリードしている人です。

名将からの、情熱のあるヒント

「心の豊かさを大切にする社会創り」で地方組織をリードするのは、岡田武史氏です。

岡田氏といえば「岡ちゃん」の愛称で親しまれ、1997年、2010年サッカー日本代表を指揮してワールドカップに出場を果たした名将です。2014年末からは、四国・FC今治のオーナーに就任し、サッカーのクラブチームを含めた地方創世に情熱を注いでいます。

組織と地域の関わりについて、岡田氏はこのように述べています。

「サッカーのことだけを考えるのであれば、ただチームが強くなればいいんでしょうね。ただ、チームの土台である今治という街が廃れてしまったら、チームではいられなくなってしまう。チームがこの先存続していくためには、地域とのかかわりを持ち、街が存続していくことが必要です」

引用:http://cybozushiki.cybozu.co.jp/articles/m000998.html
Soccer
公開講座やボランティア活動など、積極的な地域貢献を実施する大学が、もう一歩、地域に溶け込み、愛され、支持されることで「地方大学の強み」は溢れるような気がします。

参考:http://www.fcimabari.com/special/t_okada/000001.html

京都のホームページ制作会社 株式会社クロスウィッシュ

入試広報ラボ 週間ベスト5