大学、短大、専門学校、小中高の学校広報担当者のための目からウロコの入試広報研究メディア入試広報ラボ

696view

イベント・施策

漫画を活用して学生募集へ繋げているESP学園

ESP学園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2ページ

学校の情報を文章と写真で伝えていくというのは難しいですよね。文章ばかりで長々と伝えるのも読んでもらえない心配があり、写真ばかりでは伝えたいことが伝わらない心配があります。文章と写真のバランスも難しいところです。そのため最近では動画を活用したPRもよく見られるようになりました。ESP学園のWebクリエイター科では動画ではなくちょっと珍しい漫画コンテンツで学園生活などをPRしています。それがとてもユニークで分かりやすいのでご紹介します。

ESP学園の紹介漫画とは?

表紙

表紙はこんな感じです。全部で14Pなので抵抗なく読みはじめられ、堅苦しい文章よりも興味が湧いてくる気がします。学生にアプローチするにあたって目に止まるかどうかが最初の壁になりますが、漫画などのようなエンタメ性があるとそこもクリアしやすいかもしれません。

 

登場人物

  • ESP学園を卒業してwebクリエイターとして働く主人公
  • 主人公を学校に誘った先輩
  • webクリエイター科の先生

 

漫画の内容・流れ

1ページ

webクリエイターとして働く主人公が最初に登場し、回想シーンとしてそもそもなぜこの仕事に就くことになったのかについての紹介が始まります。そこで先輩に出会い、ESP学園を紹介してもらうことになります。
音楽の専門学校なのにwebクリエイター科があるということを伝え、なぜ音楽にwebクリエイターが必要なのかということを分かりやすく説明しています。そして現在のシーンに戻り、学校で学んだことが今の仕事にいかに活かされているかということをかっこよく紹介しています。

ESP学園のweb漫画

  1. 学校に入学した経緯を紹介
  2. 学校で何を学べるか
  3. 学校生活はどんな雰囲気なのか
  4. 今の仕事に繋がっていること
  5. webクリエイターの仕事の魅力

 

漫画の流れとしてはこのような感じです。
おそらく、音楽の専門学校なのでまずはwebクリエイター科があるというのを知ってもらうことが重要なのでしょう。漫画になっているので理解しやすく内容もおもしろいので魅力が伝わりやすい気がします。

 

学生がつくっているwebサービスの魅力を紹介

漫画の中で学生がつくっているwebサービスも紹介しています。音楽のポータルサイトで学生作品もそこで全部見れるため学生募集にも有効なコンテンツです。たった14ページで伝えたい内容がこんなにも詰まっているので読む方もすぐ理解できて時間もかからないので、なかなか良いんじゃないでしょうか。

Screenshot of www.espstudent.jp

BeEP! 

 

漫画コンテンツの魅力

  • 読むのに抵抗がない
  • 文章を読んでいるよりも理解しやすい
  • ストーリーで伝えられるので自分の将来を想像できる

 

まとめ

漫画だと伝えたいことを具体的にイメージしやすいですね。
特にwebクリエイターという仕事はまだ新しい仕事のため、どういった事をするのか分からない人も多そうなので漫画で伝えるというのが良いのでしょう。
伝えたいことが伝わらず困っているという方は漫画コンテンツを検討してみてはいかがでしょうか。

京都のホームページ制作会社 株式会社クロスウィッシュ

入試広報ラボ 週間ベスト5