大学、短大、専門学校、小中高の学校広報担当者のための目からウロコの入試広報研究メディア入試広報ラボ

注目!4,875view

イベント・施策

萌えキャラ「太秦その」で新キャンパスをPR

京都学園大学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20140929_00

突然京都の地下鉄のPRにに登場したキャラクター「太秦萌」「松賀咲」「小野ミサ」の3人。「地下鉄に乗るっ」のコピーと萌えキャラのポスターはかなりのインパクトがあり、つい目が止まってしまったのを覚えています。

京都学園大学が太秦天神川駅の近く開設するで新キャンパスのPR用にこの京都市の地下鉄のキャラクター太秦萌に目をつけて、その世界観を踏襲したキャラクターとして「太秦その」が誕生しました。

まずは、京都の市営地下鉄のPRにに登場したキャラクター「太秦萌」「松賀咲」「小野ミサ」をご紹介しましょう。
「太秦萌」(真ん中)は京都市内の高校2年生で、地下鉄を利用して通学している設定になっています。

20140929_01

制作エピソードはこちら

 

このキャラクターがネットなどで「かわいい!」と話題になり、人気が出たところ、京都学園大学が 「京都太秦キャンパス」(地下鉄太秦天神川駅から徒歩3分)を開学するにあたって、そのPRに太秦萌を採用したいと思ったところから、誕生したのが「太秦その」です。

20140929_02

太秦萌は地下鉄に乗るっのPRにしか使えないということで、別キャラクターを作ろうということで誕生したということです。公式キャラクターになってたんですね。

萌えキャラが新キャンパスのPRに大活躍

プロフィールページの「大学と新キャンパスの魅力の発信、公共交通の利用促進など、今後の幅広い活躍にご期待ください!」の言葉どおり、TVCMや交通広告などさまざまなメディアで新キャンパスをPRしています。

テレビCM

Facebook

20140929_03

看板・交通広告

20140929_04

萌えキャラを大学の公式キャラクターに採用するに当たっては、賛否両論あったと想像できますが、実際に採用しているのですから、その企画力と行動力、そして大学側の決断には拍手を送りたいです。

個人的にはこのキャラクターをデザインしたイラストレーターの賀茂川さんのタッチがアニメとイラストレーション中間で、「萌キャラ×大学」という違和感が生み出すインパクトと完全にアニメまでいってない、イラストデザインとしての好感があるように思います。

大学がキャラクターを採用するにはこの辺りのセンスというか、感覚が求められるように思います。下手をすれば、鳴かず飛ばずになってしまったり、逆効果になるリスクもあります。

京都学園大学の場合は、すでに京都市が生み出した実績のある太秦萌の世界観を活用できたことが大きかったのかもしれませんね。

今後の「太秦その」の活躍にも期待してます!

京都のホームページ制作会社 株式会社クロスウィッシュ

入試広報ラボ 週間ベスト5